カテゴリー「映画・テレビ」の7件の記事

2009年12月22日 (火)

先だって注文して置いたDVDの件だけど。

届かないかと思いました。

そうね。


Cimg8696

いやぁ、ディズニーのアニメ買っちゃったよ。ディズニーのアニメ。

 

ディズニー…
ディズ…?!


Cimg8700

 

ディズニーだよ。
マジで。

ファイアボールです。

 

Cimg8703

 

しかし、フィギュアは…仕上げが雑なのでは?!
まだパカッと開けては無いんだが。

 

とりあえずリッピングしてiPhoneで見られるようにしよう。
っていうか、iPhone用のデータも入れておいてくれれば楽なのに…

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

時間がないので手短に。

 レッドクリフ Part2を見てきた。

 またネタバレあるからな。注意な。

 

 

 

 

 結論。よかった。(小学生の作文か)

 

 今回、特に小喬がよかった。

Futari_syokyo_ph01

 

 1よりずっと、というか、話の流れ上そうなるのはそうなんだけど、凛とした態度というか、なんつーか、強さっつーかいいんですよ。
 特に、曹操に茶を入れて引き留めた後、お茶が溢れるくだり。あの空気は怖かった。

 怖かったと言えば、矢が10万本集まった事が分かった後の、孔明と周瑜のやりとり。あの空気も怖かった。


 

 泣きそうになった(理由は分からん)のは、船団が突っ込んでいって、火の海になっていくとき。周りにあるモノがガンガン燃えていく様を見たとき、マジで泣くかと思った。理由は、分からん。
 怖かったのかも。なんか、精神に来るモノがある。恐ろしい。

 

 寝なきゃ…


 

 最後に、孫権の矢が曹操の額に当たらなかった事が、なんか、「男の世界にようこそ」じゃないけど、成長を見たような気がした。


 

 以上!
 サントラも買おうっと。

 サントラで思い出した。
 小喬が曹操の元に行った後の周瑜の音、これも怖いわ。
 こういうのはサントラには入らないんだろうな…



 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

コマンドー!コマンドー!

 つ、ついに日本語版が…!!





 もう発売されないかと思ったよ。

 とんでもねぇ、待ってたんだ。


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

ファイアボール

先日、ニコニコ動画でファイアボールっていうディズニーアニメを見つけましてね。




これが1話2分くらいで、テンポ良く、結構面白いんですよ。
フィギュアにもなるみたい。
なんつーか、機械が可愛いってすげーな。


オリジナルのサイトはここ


 

関係ないけど、ニンニクが食べたい。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

Red Cliff(レッドクリフ)を見てきた。

今話題のレッドクリフを見てきたわよ!
 まだ見てない人はこの記事を見る前に見てきた方がいいわよ!忠告したわよ!!

 

 

 

 まずは良かったところから書こうかな。

 1つ目、登場人物。
 出てくる登場人物が全員違和感ないです。違和感ないって失礼な話なんだけど(笑)、三国志って、別に歴史が好きじゃなくても何となく持ってるイメージって有ると思うのよ。関羽ヒゲ生えてるとか(ちょっと乱暴過ぎる例えだけど…)。
 俺も三国志は分からんのだけど、「これは誰、こっちは誰」っていうのがすんなり見られた。
 あと、実は中村獅童が好きじゃないんだ、俺。でも、見たら見事にそこに生きてた。
 んで、金城武。いーぃ。見事にはまってる気がする。

 2つ目、戦闘シーン。
 戦の緊張感、みたいなのが伝わってくる。特に「うわぁ、こええッ」って思ったのが(ネタバレになる…)、曹操軍の陸の部隊が尚香を追いかけて行くときに、劉備・孫権軍が砂埃を巻き上げて煙幕を張ってるんだけど、そこに曹操軍の馬部隊がドドドドーッと入っていくとき。「うわぁ、このまま行ったら死ぬぅ〜」って思った。

 3つ目。音楽。
 主題のメロディが美しい。なんつーか、こぅ、透き通っている様で、どこか芯が強い様な、優しさに包まれる様な安心感がある。特に子供の笛のところが良かったデース。

 

 さぁ、悪いところだ(偉そうです)。

 1つ目。ストーリー。
 ストーりーったって、三国志の話だろ!って、そりゃそうなんだけど、これは話の流れのことです。
 あのね、簡単に言うと、登場人物紹介をずーっとやってる様な感じがある。1人と誰かが会って、短くお話があって、次に誰と誰がどうで、短くお話があって、っていうのが結構続いた気がするなぁ。
 俺はトニーレオンが好きなんだけど、もっとちゃんとお芝居っつーか、『そこに至る過程』っていうのを見たかった。例えば、「迷ったけど、俺はやる!」っていうストーリーがあるなら、なんでそーなったの?ってのを見たかった。そのきっかけが他人の一つの台詞で済んじゃうのはちょっと…。
 せっかく2部に分けたんだから、1人1人をもっと深く掘り下げて欲しかった(良いところとして挙げた戦闘シーンを削って良いと思う。色々短く出来た気はする。同じ事(技?)何度も見せない方が印象に残ると思う)。

 2つ目。展開。
 結構1つ目にかぶるんだけど。場面展開が多いので、波に飲み込まれていかないというか…。起承転結じゃないけどさ、緊張の一瞬がそこにくるなら、その前に緊張の糸を張って欲しいというか…。

 3つ目。映像処理。
 細かい事言うので申し訳ないんだが、細かいことちゃんとしよーよ、って事。
 例えばカツラ。1人の人をアップでしばらく写すんだから、カツラの境界が見えたらダメだと思うよ。一度気になると一気に冷める。
 これね、時代劇ものの舞台でも言えるんだけど、江戸とか、それより前の時代の漁村民の女性がさ、ドテッと転んだときにパンティ(今はパンティって言わないのかな?)履いてたら「えぇぇ〜」って思うでしょ?その時代のその髪型してる人はそこに境界線はない。これだ。
 もう一つ。これは予告でも使われてる映像なんだけど、修正されずに本編でも流れてるから書いちゃう。
 飛んでくる槍を素手で取るときに、槍がテレポートしてるぞ。

 

 

 じゃ、最後に。

 Part2は見に行くか?と聞かれたら、行くと答える。

 

 今ふと思ったんだけど、これって、主役は孔明じゃない??

 

 あとは劇場についても書いておこうかな。下の「続きを読む〜」をクリックね。

続きを読む "Red Cliff(レッドクリフ)を見てきた。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

久しぶりにTVで良いもの見たと思った。

 ノッチって人は知らんのだけど、オバマに会いに行ったあれは面白かった。ちょっと涙出そうになった。

 そして、オバマが好きになった。ノッチのモノマネの方じゃないよ。本物の人柄だよ。

 

Im20080829as2m290102908200813

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

ラッシュアワー3

 ようやくラッシュアワー3のDVDを見ました。


 ノリとか面白くていい。気分が軽くなる。
 あと、チャン・チンチューっていう人、大人になって色っぽくなったスーヤンの役の人。可愛いかった。


Img_225147_24507151_0
チャン・チンチュー

 まー、悪の親玉が…

 真田さんかっけえ。


 高いところで戦うのとかホントこええ。マジで手足に汗をかく。


 現実に戻ろ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)