« マイクの保管方法 | トップページ | sE Electronics X1 Home Studio Bundle »

2011年3月 1日 (火)

AKG Q350購入

 Apple純正イヤホンがあまり耳にフィットせず、すぐに外れてしまうので、カナル型を買うよって書いたけど、AKG  Q350が届いたので個人的レビュー。

 

 AKG Q350はカナル型インナーイヤーヘッドフォン。3ボタンリモコンにマイク付き。純正と同じくボリュームコントロールや再生/停止/曲送りなどが可能。長押しでボイスオーバー可能。

 

 まず耳へのフィット感。私の耳は左側の方が穴が大きいので、左はLサイズのイヤーパッド、右はMを使用。挿入はスムーズ。グニグニ押し込む必要もない。耳の穴が強く押し広げられる感覚もない。入れた場所で落ち着いてくれる。
 ただし、イヤーピースは台形タイプなので、例えばMonster Cable Dr.Dreの様な「ギュッ」とそこで踏ん張るような外れにくさはない。走ったりすると、コードの引っ掛かりによって耳から外れることもある。
 その代わり、本体の軽さ(3g!)も手伝って、長時間耳に入れておいてもストレスが少ない。

 次に遮音性。良い。外からの音がかなり聞こえなくなる。大雨の日に安い軽自動車に乗り、Q350を耳に入れると雨の音が消える。車の運転や自転車の運転にはお勧めしない。危険!(ただし、音漏れはある。いわゆるシャカシャカ音はそれなりに漏れる。イヤフォンタイプよりずいぶんマシだけど)
 この遮音性のおかげで、同程度の音量感を2段階小さいボリュームで得る事が出来る。ただし、この音量感は後述の低音の押し出しによるものが大きいように思う。

 

 音質。Apple純正イヤホンからAKG Q350に乗り換えると、やや音がこもった感じに聞こえるかもしれない。小音量では特に顕著。かなり下の音まできちんと聞こえるので、純正とは全く違った印象になる。
 低域がかなりしっかり出るが、ミドルハイがやや薄い感じも受ける。ドンシャリ気味。ただし解像感は悪くない。低音の擦れる音も聞き取れる。
 個人的には、iPhoneの環境設定でイコライザを「Piano」にするとバランスが良くなるような気がするが、完全ではない。素直に「Bass Reducer」が良いか?低音ズンズンが好きな人はそのままどうぞ。(といいつつ、結局イコライザはオフで使ってるんだけど…)
 ピアノとウッドベースにボーカルみたいなシンプルなジャズなんかだと良い感じ。PatMethenyなんかも良かった。ロック系に不向きなのか??もしくは、低音が飽和している状態を私が好まないのか。
 iTunesStoreで買った映画をiPhone+AKG Q350で見る時は結構な迫力が出て良い。大音量時も音が硬くならないので、音に包み込まれるような臨場感を感じられる。

 その他。カナル型は特に目立つと思うけど、コードが服などに擦れた時の「ガサガサ」といった音が気になる。こればっかりは仕方ない。中にはこれを軽減するために、コードにダンパーを入れている製品もあるみたいだけど、効果の程は不明。

 

 この価格でこのクオリティなら十分満足出来る。ネットで注文すると、場所によっては1万円を切る。でも、イヤーピースとの相性が良ければAppleのカナル型インイヤーヘッドフォンも満足出来る製品だと思うので、試すことが出来るのなら、両方試してみると良いと思う。

 

とりあえずは、以上。

 

|

« マイクの保管方法 | トップページ | sE Electronics X1 Home Studio Bundle »

コメント

帝王が●ナルについて語ってる。

投稿: ぶーすか | 2011年3月 1日 (火) 07時51分

ずっとAKGのことを「赤影」と呼んでいたことはナイショだよ

投稿: こざる | 2011年3月 1日 (火) 08時55分

えぇい、貴様らww

投稿: 夜の帝王 | 2011年3月 1日 (火) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKG Q350購入:

« マイクの保管方法 | トップページ | sE Electronics X1 Home Studio Bundle »