« さくら | トップページ | 10年 »

2009年4月14日 (火)

VirusBarrier make obstruction to Time Machine.

 ウィルスバリアがタイムマシンを妨害するわけですよ。

Intego


 

 今、メインマシンのPowerMac G5 QuadにはMacOS X Leopard 10.5.6が入っていて、サブマシンのMacBookにも同じくleopard 10.5.6が入っていて。
 QuadにもMacBookにもウィルスバリア X4(10.4.4)が入っていたわけですよ。

 で。

 Quadの中には2台のHDDが入っていて、片方はシステムやら何やら、いわゆる普通のHDD。もう一つがTime Machine専用のHDD。

 

 Quadは普通にバックアップがとれる。

 MacBookは

”バックアップの作成を完了できません。バックアップボリューム上のファイルをリンク中にエラーが起きました。”

Link

とか

”バックアップディスクのイメージをマウントできませんでした。”

Mount

とか、はたまた

 

”ディレクトリの作成中にエラーが起きました。”

 

とか抜かすわけですよ。


 

 これは何だっていうと、ウィルスバリアがインストールされていて、かつ、”バックグラウンド・スキャンが有効”になっていると、ネットワーク越しのバックアップが出来ないって事なんですよ。

 Time Machineのディスクをウィルスバリアの非保護領域に入れても、Time Machineの初期設定を作り直させても、ダメなモノはダーメ。Time Capsuleもダーメ

 

 もちろん、手動でウィルスバリアのバックグラウンド・スキャンをオフにすればバックアップできる

 でもさー、起動するたびにオフにしなきゃならんし、第一自動的にバックアップをするTime Machineなんだから、ずーっとオフにしておかなきゃならん。
 これじゃ保護できないよ!

 

 人によってはノートン先生に乗り換えた人もいるみたいだけど、ノートンもこれまた不具合の固まりだったりするしなぁ…(少なくともOS Xになったばかりの頃は破壊神だった。Nutron Disco Dancerかと思った)。

 

 というわけで、MacBookの方はとりあえずClamXavを入れて様子見。Macの世界にはウィルスがほとんどないので、アンチウィルスの開発ものらりくらりなのかしら…(Nortonはバージョンが0.0.1変わっただけで悲惨な目になるのに、対応遅すぎ。Digidesignかと思った。)


 

Nutron Disco Dancer...

 

 

|

« さくら | トップページ | 10年 »

コメント

ウイルス元だからウイルスバリアいらないんじゃないの?

投稿: こざる | 2009年4月14日 (火) 09時27分

ん?ウィルスを作らないと商売にならないって事?w

投稿: 夜の帝王 | 2009年4月14日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VirusBarrier make obstruction to Time Machine.:

« さくら | トップページ | 10年 »