« 強制回復 | トップページ | 詳しく書けない。 »

2008年11月17日 (月)

Red Cliff(レッドクリフ)を見てきた。

今話題のレッドクリフを見てきたわよ!
 まだ見てない人はこの記事を見る前に見てきた方がいいわよ!忠告したわよ!!

 

 

 

 まずは良かったところから書こうかな。

 1つ目、登場人物。
 出てくる登場人物が全員違和感ないです。違和感ないって失礼な話なんだけど(笑)、三国志って、別に歴史が好きじゃなくても何となく持ってるイメージって有ると思うのよ。関羽ヒゲ生えてるとか(ちょっと乱暴過ぎる例えだけど…)。
 俺も三国志は分からんのだけど、「これは誰、こっちは誰」っていうのがすんなり見られた。
 あと、実は中村獅童が好きじゃないんだ、俺。でも、見たら見事にそこに生きてた。
 んで、金城武。いーぃ。見事にはまってる気がする。

 2つ目、戦闘シーン。
 戦の緊張感、みたいなのが伝わってくる。特に「うわぁ、こええッ」って思ったのが(ネタバレになる…)、曹操軍の陸の部隊が尚香を追いかけて行くときに、劉備・孫権軍が砂埃を巻き上げて煙幕を張ってるんだけど、そこに曹操軍の馬部隊がドドドドーッと入っていくとき。「うわぁ、このまま行ったら死ぬぅ〜」って思った。

 3つ目。音楽。
 主題のメロディが美しい。なんつーか、こぅ、透き通っている様で、どこか芯が強い様な、優しさに包まれる様な安心感がある。特に子供の笛のところが良かったデース。

 

 さぁ、悪いところだ(偉そうです)。

 1つ目。ストーリー。
 ストーりーったって、三国志の話だろ!って、そりゃそうなんだけど、これは話の流れのことです。
 あのね、簡単に言うと、登場人物紹介をずーっとやってる様な感じがある。1人と誰かが会って、短くお話があって、次に誰と誰がどうで、短くお話があって、っていうのが結構続いた気がするなぁ。
 俺はトニーレオンが好きなんだけど、もっとちゃんとお芝居っつーか、『そこに至る過程』っていうのを見たかった。例えば、「迷ったけど、俺はやる!」っていうストーリーがあるなら、なんでそーなったの?ってのを見たかった。そのきっかけが他人の一つの台詞で済んじゃうのはちょっと…。
 せっかく2部に分けたんだから、1人1人をもっと深く掘り下げて欲しかった(良いところとして挙げた戦闘シーンを削って良いと思う。色々短く出来た気はする。同じ事(技?)何度も見せない方が印象に残ると思う)。

 2つ目。展開。
 結構1つ目にかぶるんだけど。場面展開が多いので、波に飲み込まれていかないというか…。起承転結じゃないけどさ、緊張の一瞬がそこにくるなら、その前に緊張の糸を張って欲しいというか…。

 3つ目。映像処理。
 細かい事言うので申し訳ないんだが、細かいことちゃんとしよーよ、って事。
 例えばカツラ。1人の人をアップでしばらく写すんだから、カツラの境界が見えたらダメだと思うよ。一度気になると一気に冷める。
 これね、時代劇ものの舞台でも言えるんだけど、江戸とか、それより前の時代の漁村民の女性がさ、ドテッと転んだときにパンティ(今はパンティって言わないのかな?)履いてたら「えぇぇ〜」って思うでしょ?その時代のその髪型してる人はそこに境界線はない。これだ。
 もう一つ。これは予告でも使われてる映像なんだけど、修正されずに本編でも流れてるから書いちゃう。
 飛んでくる槍を素手で取るときに、槍がテレポートしてるぞ。

 

 

 じゃ、最後に。

 Part2は見に行くか?と聞かれたら、行くと答える。

 

 今ふと思ったんだけど、これって、主役は孔明じゃない??

 

 あとは劇場についても書いておこうかな。下の「続きを読む〜」をクリックね。

 

 見た劇場は渋谷の渋東シネタワー。4Fの劇場だったんだけど、まずはこれも良いところから。

 スムーズ。
 完全入れ替え制なので、入る前は並びます。今回は完全自由席になっていたので、早く来て並んだ順に場内へ入ります。ここが結構スムーズだった。うんざりするほど階段上らせられることもなく、さして待つこともなく。
 そして、ドリンクとかポップコーンを買うのも割とスムーズ。待たされた感はない。

 上映が終わって出るときも、各ドアにゴミ袋を持ったスタッフが配置されて、ゴミ箱を探してウロウロしなくて良いので、人の流れがスムーズ
 トイレも(男子トイレしか分かんないけど!)、混んではいるもののほとんど待つことなく用を済ませられた。清掃もそこそこ行き届いているみたい。

 

 で、今度は気になったところ。

 

 まず、館内全体に言えるけど、やや暑い。少し湿度を下げてくれればなぁ、と。

  次に、イス。前後の間隔が狭い。座っている人の前を横切って行かなきゃならんことって有るわけだけど、これが結構きつい。かなり狭い。ただ、見てる間に膝が前の席に当たるわけではない。
 なんでこーなるかっていうと、イスの並びの前後間隔が狭いのは確かに狭い。そこに置いてあるイスの背もたれがやや倒れ気味なんだな、多分。

 最後に音。右チャンネルのどこか、多分右のフロント1発目か2発目のあたりなんだけど、ブツブツっとデジタルノイズみたいな音が混じってたのが気になった。
 小音量でも聞こえていたので音と映像の同期が失敗してんのか、それとも単にスピーカまでの接触が悪いのか。
 途中から気にならなかったのでソース?

 

 ま、そのくらい、かな。

 

 

 

|

« 強制回復 | トップページ | 詳しく書けない。 »

コメント

今ふと思ったんだけど、
レッドグリフって関羽の赤兎馬のこと?

>1人と誰かが会って、短くお話があって、次に誰と誰がどうで、短くお話があって、・・・

「だってそれが三国志w」

というイメージ。


私はレッドグリフ観てないけど。
横山のマンガ60巻は読んだよ。

投稿: haruna | 2008年11月17日 (月) 07時25分

>haruna
赤壁だぁよ

で、三国志のイメージ、って言われたって、俺そんなの知らんもんw
短いカットが続くのがちょっと気になりましてな。

投稿: 夜の帝王 | 2008年11月17日 (月) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Red Cliff(レッドクリフ)を見てきた。:

« 強制回復 | トップページ | 詳しく書けない。 »