« 初回Time Machineの注意点 | トップページ | 4日寝ないとこーなる。 »

2008年6月 1日 (日)

Boot CampとWindowsのキーボード設定

 今更言うことでもないが、最近のMacならウィンドウズが動く。インテルマックを使ってWindowsを動かす方法には、Boot CampとParallels Desktopがある(Fusionってのもある)。もちろんこの二つを併用することもできる。

 Boot Campを使用せずに、Parallels DesktopだけでWindowsを使用する場合は非常に簡単だ。インストールからネットワークの設定までほとんど自動でやってくれる。唯一注意しなければならないのはキーボードくらいか。私はMacBookの内蔵キーボードをUSにしてあるんだが、Parallels Desktopが自動で設定したのはJISキーボードで、記号類がキーボード上の表記と一致しなく(Shift + 2は本来なら@になるはずが、そうならない)なってしまった。これを解決するには…


 


1 1)「コントロールパネル」から「キーボード」を開く


2 2)「ハードウェア」のタブから「プロパティ」を開く


3 3)「ドライバ」のタブから「ドライバの更新」を開く


4 4)ハードウェアの更新ウィザードが開くので、接続するかしないか選択して「次へ」(通常は接続しないでOKのはず)


5 5)「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して「次へ」


6 6)「検索しないで、インストールするドライバを選択する」を選択して「次へ」


7 7)「互換性のあるハードウェアの表示」のチェックを外し、すべての選択肢の中から対応するドライバを選択し「次へ」


 8)警告が出たりなんだりするが、OKして次に行く
 9)再起動

 これでOKのはず。


 


 Boot Campの場合は、ウィンドウズをインストールする段階で106キーボードなのか101キーボードなのか聞かれるので、USなら101を選択しておけば良いらしい。日本語キーボードの場合は「半角」キーを押すのだが、Macにはそんな変なキーはない。なので、その他のキーボードを選んで、106のなんちゃらを選ぶ。まぁ、マウスが動けばあとから上記のようにドライバを読み込み直せば大丈夫だと思う。


 というわけで、キーボードに関してはうまくいったのだが、今度はAirMacを使った無線LANがうまく接続できなかった。
 普通は、ADSLモデムと、ブリッジに設定したAirMacを接続して、モデムのDHCP機能を利用して各マシンをインターネットにつなぐ。が、私の場合以前から頻繁に、2台あるMac同士でデータのやりとり(ファイル共有)や画面共有(VNC)などを行っていたので、プライベートIPが固定されていた方が便利という理由で2台ともそのように設定していた。

8 そこにBoot Campの登場で新たに現れた「Windowsマシン」。ネットワークの設定をしなければならないのだが、Windowsはほんとにいろんなところが分かりにくい!なんでネットワークの設定のための項目がいろんなところに散らばってるんだ?ひとつにまとめた方がわかりやすいんじゃないのか?設定項目のオプション設定に関しては、主従関係がはっきりしているんだから、同じウィンドウ内で完結するか、シートとして表示して、視覚的にひとつであることを分からせた方が設定しやすいのではないか?なんで設定するためのパネル(Windowsでなんていうの?こういうの)が何枚も同じものを立ち上げられるようになってるの?すでに開いているならそれを最前面に持ってくればいいんじゃないの?設定し終わった後に、同じものが表示されたままになってたら混乱するんじゃないのか?だいたい、ネットワークセットアップウィザードって名前がついていたら、ネットワークのセットアップを手伝ってくれると思うじゃないか。すでにセットアップされているネットワークをいじくるってどういう了見よ?


 まぁ、いいや。Windowsだし。


 


 Macの場合、DNSサーバをADSLモデム、ルーターも同じくADSLモデムとして、それぞれの項目に同じIPアドレスを入力してやって、さらに各マシンごと(AirMac本体も含む)にアドレスがかぶらないように設定してやればOKだった。

 だが、Windowsの場合、さんざんテストしてようやく分かったのだが、ゲートウェイというのがAirMacのアドレスになって、DNSサーバはモデムになるらしい。


 結局、OSをMac OS X 10.5 Leopardにしたところ、アクセス可能なほかのマシンがいつもすぐにサイドバーに現れてくれるわ、画面共有(マシンAからマシンBを遠隔操作したりできる)は出来るわ、楽で便利なので、ネットワークももっと普通で柔軟な設定に戻しました。

 ソフトウェアの力って、すげえよなぁ…

 

 うわ、今回なっげぇ!


 

|

« 初回Time Machineの注意点 | トップページ | 4日寝ないとこーなる。 »

コメント

はじめまして。
VistaをBootcampしておりますが、キーボードの設定がいまいちわからず困っておりました。

ドライバの更新方法ご教示頂き大変助かりました。

ありがとうございますcat

投稿: Jec | 2009年5月15日 (金) 11時50分

>jecさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
お役に立てたようで何よりです。

Vistaはさらにひどいようですね。
Windowsを触ると、いかにMacが理念や主義を持って作られているのかが分かって、そういう意味では面白いと思います。

結局、Windowsで出来ることはMacでも出来るわけで、しかも楽に。
商売とは難しいものなんだな、という事がよく分かります。

投稿: 夜の帝王 | 2009年5月16日 (土) 00時42分

 ありがとうございました。一度macbookにwindowsをインストールしていて、容量が足りなくなったので再インストールしたところキーボードがうまく動かなくなってしまい、困っておりました。本当にありがとうございました!
 ノンポリの僕に言わせてもらえば、きのこの山派vsたけのこの里派の戦いを見ているようで面白さを通り越して滑稽ですらありますが、うどんとそばどっちが好きですか?

投稿: 林檎 | 2009年5月21日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000504/21322962

この記事へのトラックバック一覧です: Boot CampとWindowsのキーボード設定:

« 初回Time Machineの注意点 | トップページ | 4日寝ないとこーなる。 »