« YOYO! | トップページ | 世の中の萌えって… »

2008年5月19日 (月)

BiND for WebLiFEのバグから復旧する方法

 何もしてないのに突如「認証出来ませんでした。アプリケーションを終了します」とアラートが出るようになってBiND for WebLiFEが使用出来なくなるバグの復旧方法。


 これはサポートセンターも知らない事だ。知ってたら教えてくれるもんなァァァァァ〜?



1

 "BiND for WebLiFE"フォルダを開き、中にある"Resources"フォルダを開く。



2

 "Activator"フォルダの中の"Mac"の中の"DSActivatorCheck"をダブルクリックで開く。一瞬起動するようなしないような素振りをみせて終了するけど、そのままでOK。



3

 同じ階層にある"DSDeActivator"をダブルクリックで起動する。

 すると、すでに認証は済んでいるのにも関わらず、なぜかもう一度認証出来るようになる。もちろん控えてあれば以前使ったシリアル番号とライセンス認証コードを再使用して構わない。

 つーか、そうしないと無駄にライセンスが減る。減らす以外方法が無い場合はサポートにキッチリ文句をつけて、しっかり再発行してもらおう。

 ちなみに、これで直らない場合は再インストール。
 その時も必ずライセンスを再発行してもらおう。

|

« YOYO! | トップページ | 世の中の萌えって… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BiND for WebLiFEのバグから復旧する方法:

« YOYO! | トップページ | 世の中の萌えって… »