« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の3件の記事

2007年6月20日 (水)

年金記録問題。

 年金問題、大変な事になってますな。

1182332580

 そりゃ自分が払った金が返ってこないんだから大変です。払わなければヤクザ(の様な)取り立てするくせに、勝手にその金を使って票集めをしたり、不透明どころか暗黒ですよ、ホント。

1182332644 で、ここへきて麻生外相が、今もらっている人は関係ない。お宅らはまず電話しないで下さいなどと言ってやがる。年金相談の電話が繋がりにくくなっている事から、自制を求めたという事だが、
お前はアホか
うやむやにさせるわけにはいかん。ガンガンかけてやりましょう。


 実際問題、自分の記録を調べてみたら所属していない会社などからの記録が残っていて、調べてみると似たような名前の人が払った年金が自分のところに入っていた、という事があったそうで。つまり、払ったにも関わらず払っていない事になった上に、それが他人の懐に入っているという事があるわけだ。つまり、もらえるはずの年金額になっていない事も十分あり得る。間違いの割合だって、ちょっとした町に住んでりゃ、お隣が該当している事だって普通にある。

 で。

 年金一本化の作業が終わったあとに対象となった若い人には関係ないかというと、そうでも無いわけで。例によって例の如く、年金の記録の打ち漏れがあれば払ったものが無かった事になっていたりするわけです。誰であろうと、年に1回は必ず記録の照会をするべきですな。

 で、分かりにくいHP(http://www.sia.go.jp/)の中から、役に立ちそうなリンクをピックアップ。


「ねんきんあんしんダイヤル」
 http://www.sia.go.jp/topics/2005/n0916.htm

  • 0120−657830
  • 年金記録の照会専用ダイヤル
  • 24時間、土日も対応。
  • 夜中だろうとなんだろうと、自分の都合のいい時にかけて、文句のひとつでも言ってやって下さい。電話代が勿体ないから、フリーダイアルを使おう。


「年金加入記録照会・年金見込額試算・年金個人情報提供サービス」
 http://www4.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm

  • 年金加入記録の照会や年金見込額の試算が可能(だそうだ)。

携帯電話版もあるそうで。
 http://www.sia.go.jp/k/
  • ただし、試算額は保証されるものでは無くて、まぁ、減るんだろ。いい加減な。



 こんなことやら、強行採決やら、民意を反映しているとは思えない政治のていたらく。個人的な意見とはしておくけれど、一党独裁の政治が長く続くのはろくな事ないな。二大政党制というのも民意を反映するとは思えない。もっと小さな政党が意見をすり合わせた方が良いんじゃないのかね。

 この最近の右派よりの政治路線も、戦前に戻るような阿呆臭さで、鼻で笑う以外ありませんわ。いい加減にしろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

夢見が悪い?寝覚めが悪い?

私はバスに乗っていた。途中で若い女性二人が乗ってきた。楽しそうだ。一人が、もうすぐ結婚なんだと言った。
次の停留所で私は降りた。バスの方を振り返るところで

目が覚めた。


胸が重く、苦しい目覚めだった。
結婚するといった女性は、私の昔の恋人だ。
ずいぶんと思い出さずにいたが、何かの拍子で出てきたんだろう。最近、昔の知りあいなどがよく夢に出てくる。

何とも言えない気分、私は「あぁ、真面目に恋をしていたんだな…」と思った。

経過はどうであれ、結果はすでに出ている。納得もしているし、だからどうという事でも無い。
ただ、気持ちを伝える事と、それが伝わる事というのは難しいのだな、と思う。

元から、伝わらないものだという事も出来る。

それでも伝えようとしなければ、方向はどうなるのであれ、物事は回転しないのだとも思う。
伝える、伝わる。
このプロセスには覚悟が必要なんだな。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

ノートでメモリが4GB

 アップルから新しいMacBook Proが発表されました。内部がどうのこうのって言うのはこの際他で見てもらおう。

 今回「おっ」と思ったのは、搭載出来る最大メモリが4GBになっている事。

 現在使用中のPowerMac G5 Quadには4GBのメモリを積んでいて、「これくらいは最低欲しい」というのが正直なところ。ところが、今までのノートでは4GBは積めなかった(積んでも3GBしか認識しない。これはロジックボードのせい。要するに仕様)。
 今のQuadから次に移行する時(初代MacBookもあるが、これは完全にサブマシン)に、はて、選択肢はどうなんだろう?と考えてみると、iMacではHDDの交換が容易ではない、Mac ProはPCIスロットを使う事が無い、MacBookやMacBook Proではやや物足りない、MacMiniはメインマシンとしては使えない、という状況だった。

 最大のネックだったメモリ容量が解決されて、HDDもノートながら160GBが当たり前になった。全体的な速度もずいぶんと良くなってきた。ノートブックをメインとして、家にいる時はディスプレイを繋いでリッドクローズド(閉じたまま外部ディスプレイやマウスなどを繋いで使用する事)で使うという選択肢が現実的になってきた感がある(もちろん、FireWireポートが足りないなぁ…とかはある。まぁExpressCard/34スロットにSATAカードを挿すという手もある)。


 ところが。


 MacBookを使っていて思うのだが、Intel CPUのマシンって、同じ条件(もしくは軽い条件)で使っていても、やけにメモリを食うと思いませんかね?ロゼッタでアプリケーションを開いているわけでも無し、一体?それとも、気付かぬところでロゼッタが活躍しているのか?

 これがCPUの差異によるものなのか、それともOSのメモリ管理能力がIntel CPU向けにはまだ最適化されていないのか。気のせいなのか。

 分からんが、とにかく現状Intel版はメモリを食っている、という事だ。


 というわけで、メモリが4GB以上積める事(出来れば6GB)、CPUがDualCoreなら2.7Ghz程度になる事、HDDが200GBを超える事、くらいをクリアすれば、メインマシンがノートタイプになるだろう。そんな時代が来るのか…すごいなぁ…。昔はCPUが33MhzでHDDが500MBでメモリが8MBで…うぅ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »