« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の3件の記事

2007年5月31日 (木)

サド/マゾ

 新聞に、定年退職してしばらくした夫が、「週に一日は家事をやるからチェックしてくれ」と言ってきたという記事があった。なんでも、ボケ防止のためだそうで。

 そこで思い出したのが、いつどこで見たのかは忘れたんだが、人間はある程度のストレスがあった方が良い、という話し。

 これは面白い。人間はみなマゾヒストという事になる。

 ではサディストとされる人たちはどうなるんだ?

 人間の持つ倫理観を考えると、他人を痛めつける事で自分に跳ね返ってくる罪悪感をストレスとして感じ、それが「良い」という解釈が出来る。


 「解釈が出来る」…便利な言葉だな。


 そこでまた思うのが、役者はマゾばかり、という話し。誰が言ってたんだがサッパリ思い出せないんだが。

 役者同士が結婚するとうまくいかないのはこういう事か?マゾとマゾで組み合わせると、誰が攻めるんだ?ちと下品かも知れんが、単純にセックスの相性が合わないって事か?じゃぁ、サドな職業ってなんだ?強めの足裏マッサージ師か?


 なんかあるかなぁ、サド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

種の保存について考える

 庭にイチゴが生りました。
 母が植えたもので、「あまり甘くないけれど、出来ると嬉しい」と言っていました。確かに、甘くは無いけれども自然な甘酸っぱさが心地よいイチゴでした。

1179452258


 そこでふと思い出したのが、トマトの栽培では、水分を押さえると糖度が上がるらしい、という事。詳しい事は忘れたが、環境が過酷になると、種の保存のために養分を蓄えようとする結果らしい。

1179452278


 そこで更に思うのが、同じ種の保存として、人間はどうだろう?という事。
 環境が過酷になると、人は何かを残そうとするだろうか?

1179452864

 私は、それは否、と考える。
 特に子の成育に限って考える事にするが、例えば親の不仲は子の成長に著しい悪影響を与えるし、産前の悪影響は、その子の発達そのものに悪影響がある。

 あるはずが無いとされている拳銃によって起こる、個人の暴走。それが世代をさかのぼってその人に与えてきた環境と無関係では無いだろうと思うのだ。そして、思うだけならたやすい、とも思うのだ。

 様々な要因が絡みあうだろう。永遠に解決する事は無いだろう。万人が平等であるという事は、個々の能力を尊重するという館前の上では、それそのものがありえないのである。
 人が人の事を思う以上、数式のようにはいかないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

悪いクセ

お酒を飲むとですね。時間を忘れるんですね。

昨日の夜は、久しぶりにPU-PU-JUICEの稽古に行きまして(さぼってたわけじゃなくて、休みになったり、風邪を引いたりで1ヶ月振りくらいですかね)、終わったあと「軽く」みんなで居酒屋へ行ったわけですよ。

で。

帰れなくなりまして。

一人で渋谷の居酒屋チェーン店へ入りました。
カウンター席に案内されて座ると、隣は寝ているサラリーマン。
おぉ、神よ。


右は若いカップル。
このカップルがネタを提供してくれたわけです。


雰囲気から察するに、オトコはオンナに多少気があるような感じ。
と思っていたらオトコがこう言うじゃないですか。
「二児の父だけど」

んん?
聞き間違いかな?


と思っていたらキスしてるじゃないですか。
目の前に冷蔵ディスプレイがあって、そこの金属に反射して見えるわけですよ。
「唇が唇にふさがれる北ホテル〜♪」


おいおいおい。


その後またオトコがこう言うじゃないですか。
「二児の父だけど」
おま、ちょ


それはなによ!w

しばらくして今度はずいぶん長いキスですな。
と思っていたらオトコが
乳を揉んでいるじゃないですか!


二児の父が乳を…


そして二人はいい気分で店をあとにしました。
行ったな、これは。
北ホテル。


(ちなみにオトコはバンドマンで二児の父で日雇いだそうです。どーなってるの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »