« 明けましておめでとうございます | トップページ | 結局読む気にならないの。 »

2007年1月 2日 (火)

自動両面印刷

 Canon PIXUS MP800という複合プリンタを使っているが、こいつには自動両面印刷機能がついているわけですよ。連続ページ物の印刷をする時に、1枚の紙に2ページ印刷出来る、と。自動的に裏表に、と。

 これがねー、買ってからずーっと使ってなくて「こんな機能要らん」と思っていたんだが、映像編集ソフトの説明書が紙じゃなくてPDF(パソコンで読む本みたいなもの)で、説明書を長々と画面で見るのは正直辛い、ということで印刷することにしたわけですよ。

 詳しい方のマニュアルデータは1200ページ(!)ほどあるので、流石にそれを印刷するのはちょっと…(画面で読むのもキツイけど)ということで、スタートアップの方のマニュアルを印刷することにしました。

 こいつが大体200ページくらい。これくらいのページ数になって、しかもマニュアルっていう、本の体裁をとっている物を印刷するとなると、まぁ自動両面機能のなんとありがたいことか。

 使う紙の量も半分ですむし、綴じてしまえば読みやすいわけですよ。


 PDFはPDFで、データとして検索がかけられるから、全ページに含まれる全ての文章の中から目的の言葉だけを次々見つけていくって事が出来るから、これはこれで素晴らしいのですが。


 ということで、いいトコ取りをする、と。後ろの方にある「索引」は印刷しません。目次は印刷します。索引で探す時はMacの中のデータを検索します。MacOS X 10.4 TigerにはSpotlight機能がついてるから、知りたい語句を入れれば自動的にピックアップしてきてくれる。

 しかし、1200ページの方、どうしよう…

 いい教本があればいいんだけど、このソフトの教本ってないんだよなぁ〜…

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 結局読む気にならないの。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動両面印刷:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 結局読む気にならないの。 »