« 強そう | トップページ | もう11月になるんだぞ?! »

2006年10月26日 (木)

並べて使う

 2台のMacがある。離れたところに置いていても、OS内蔵の機能「Remote Desktop」とフリーウェアの「Chicken of the VNC」の組み合わせで、メインマシンのモニタの中にサブマシンのモニタを映し出して、遠隔操作出来る。そうしてた。

 しかーし。

 右クリックが使えなかったり、ポインタは矢印ではなく、「・」になってしまったり。不満だ。




1161790664

 というわけで、並べて置いて、「teleport」というソフトウェアを使う事にした。このソフト、1組のキーボード&マウスで2台以上のMacを行ったり来たり出来る。操作感は「遠隔」ではなく「ネイティブ」だ。当然サブマシンを操作する時はサブマシンのモニタを見る事になる。


1161790693

 サブマシンの操作中はメインマシンの操作は出来ない。ただし、メインマシンの動作が止まるわけではない。

 このteleportの優れているところは、管理下にあるMacのクリップボードを同期出来る事とドラッグ&ドロップでファイルをコピー出来る事だ。

追記:
 私は「Clipper」という、クリップボードの履歴を残せて、後からその履歴に残るものを再びクリップボード内に呼び戻せるソフトウェアを入れているが、この履歴も同期してくれるようだ。
 ドラッグ&ドロップのコピーは今のところ、1度にコピー出来るのはファイル1つのみに制限されるようだ。複数のファイルやフォルダはコピー出来ないばかりか、場合によってteleportが落ちてしまう。これはファイル共有を利用する事にして、teleportでのコピー機能はオフにしておいた方が良いだろう。


 VNCでの遠隔操作よりも直感的な操作が出来る。ほんの少しだが、操作上の遅延も少なくなる(Chicken of the VNCでもそこに不満はないが)。感覚的にはデュアルモニタのようだ。

 というわけで、Mac環境はさながら「6CPU・2モニタ」ってところか。分散処理にも興味が出てくるところだな、こうなると(実は結構面倒な上に、ソフトウェアの対応とかもあって現実的じゃないからやらないと思うけど)。

 注意点としては、それぞれがAirMacで同じプライベートネットワークを認識している場合、最初の接続設定の時にAirMacを使う設定になってしまう事だ。
 もちろん、有線接続が無く、AirMacだけで良いのならそれで良いのだが、親子関係にあるMacが有線LANで接続されている場合、それらのMacのAirMacを一旦オフにした状態で接続の設定を済ませる(有線LANネットワークを使用するように)。その後AirMacをオンにすれば、互いの通信速度がAirMacを使った時よりも圧倒的に速くなる。

 なお、VNCを使った場合と違い、teleportではログイン画面の状態で操作する事は出来ない。つまり、ログインして、teleportが起動しないとサブマシンに入り込めない。だが、スリープからの復帰はOKなので、それほど問題にはならないだろう。

追記:
 スリープからの復帰だが、teleportを使ったマウス移動だけで復帰出来るかどうかは組み合わせにも因るようだ。PowerMac G5 Quad-10.4.6とMacBook 1.83GHz-10.4.8の組み合わせでは要求される設定を満たしていても復帰出来なかった。当然、MacBookのモニタは開けた状態でスリープさせたが、閉じた状態で使用出来るモデルならまた話は違ってくるかも知れない。
 私の環境の場合でMacBookの作業を再開するには、MacBookのスリープを単体使用時と同じく解除した上で、メインマシンであるQuadのマウスポインタをMacBook側へ移動、という手順になる。


 余談。MacBookの液晶部分が、外付けの左スピーカを隠してしまうので、仕事用モニタスピーカも含めて多少配置替え。hueyも、窓からの光が入る時に反応が良過ぎるので、直射日光が当たらない位置に移動。

1161790747
 モニタスピーカの下は18センチ角のコンクリの塊だ。今まではその上に直接金属製のインシュレータを置いていたが、今回、間に衝撃吸収材を入れてみた。  主な目的はガタツキを避けるためなんだが、おそらくこれによって音質の傾向は少しマイルドになると思う。低音がもたるようになったらどうしようw ま、大丈夫だろ。


1161790784

 Quadに繋がっているBoseのMediaMate2はモニタスピーカの上に乗せた。iMacG5を使ってた時と同じだ。ただし、今回はインシュレータを使わずに、薄いクッション材(スポンジ)をMediaMate2に貼り付けて、そのままモニタスピーカに乗せている。モニタスピーカに使っているYAMAHAのMSP5が重い金属筐体なので、変に軽い金属を挟むよりいいだろうと判断しての事。
 実際、インシュレータを挟んだ時よりも多少指向性が甘くなって丁度良い感じだ。元々MediaMate2は指向性が強いようで、スイートスポットが狭かった。


1161790805


 というわけで、取りあえずこんな感じで様子見ですかね。

|

« 強そう | トップページ | もう11月になるんだぞ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 並べて使う:

« 強そう | トップページ | もう11月になるんだぞ?! »